■プロフィール

藤川梨子

Author:藤川梨子
少女創作サークル「a pear tree」
の情報ページです
「なしこ」と読んでましたが
商業では「りこ」にしてみました。
どっちでもお好きなほうで!
現在百合萌え中。

「toYOU第一話」は↓のカテゴリより
公開中です!!

イベント参加情報と萌え日記
garden701@yahoo.co.jp

    *

各携帯コミックサイトで商業TLまんがや同人の百合作品が配信されています。
「toYOU」シリーズも05まで配信中!
各種携帯サイトで「藤川梨子」で検索してみてください*
可愛いおんなのこのおっぱいをもえもえしながら描いています…!w

    *

DLsiteモバイルさんのほうで、
「奥さん01」が音声付き!!!
で配信中です!
声優さんがあほでえろいことゆってる…!(´Д`*)ハアハア

     *

*次回参加イベントは*

冬コミになる予定です!

■最近の記事
■カテゴリー
■ブログ内検索

■リンク
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■QRコード

QR

■■

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「きよしこ」重松清
20101107003227.jpg20101107003226.jpg
重松さんの小説にはまっております^^;

「少年は、ひとりぼっちだった。名前はきよし。どこにでもいる少年。転校生。言いたいことがいつも言えずに、悔しかった。思ったことを何でも話せる友だちが欲しかった。そんな友だちは夢の中の世界にしかいないことを知っていたけど。ある年の聖夜に出会ったふしぎな「きよしこ」は少年に言った。伝わるよ、きっと―。大切なことを言えなかったすべての人に捧げたい珠玉の少年小説。 」アマゾンより

不思議なタイトルの本です。表紙に惹かれて手に取りました。重松さんのお話は少年ものと、中年ものに別れるのですが(笑)とりあえず少年ものから制覇していこうと、これを。

「きよしこ」
このタイトルの由来は、冒頭に出てきます。

一人の少年が、大人になるまで、転校を繰り返した、各街…というか各小中学校でのお話。
淡々と、吃音の少年の成長物語が描かれています。
なんというか淡々と・・・とてもよいお話でした。
重松さんの作品は、なんというか読後にただよう清涼感というか…きよらかになれるのがよくて、手にとってしまいます。
それはきっと「フィクションは最後はハッピーエンドでないといけない」という、小学校時代の先生の言葉を、重松さん自身も信じているからだと思うのです。私もどっちかというとそう思うので、多少ご都合主義でも、重松さんの小説を読んだ後は前向きになれるから、すきです!

個人的には、うまく友達が作れなかった街の神社で遊んだ酔っ払いのオジサンの話が気になったかな・・・。
(以下内容に触れます)
途中から神社に来なくなった「きよし」を。
あのオジサンはいつまでもいつまでも神社で待ち続けたのでしょうか。

オジサン、行けなくなってごめんなさい、海に行く約束やぶってごめんなさい……
ずっときよしは胸の中にひっかかっていただろう…と、子供の頃読んだならならきっと思ったかも。

でも、大人になってみると、きっとオジサンは、きよしが神社に来なくなったことを、喜んでいたんだろうな、と思うのです。ひとりで神社に来なくなってよかったな、と、友達できてよかったな、と、さみしくもきっとオジサンは嬉しかったんだろうな、と想像できるのです。

重松さんの小説には、いろんな大人と、いろんな子供がでてきます。
小説家や漫画家がキャラ立てするときは、今までの人生で周りにいた人をモデルというか核にして肉づけしていく場合が多いと思うんですが。
ほんとに、よく、こんなにたくさんの人を憶えているなあ…!と。
基本的には重松さんの小説には「ふつう」タイプの人が多いんですが。
でも、逆に「ふつう」の人って、印象に残りにくいと思うんですよね。
でも、そんな「ふつう」の人が、重松さんの小説にはたくさん出てくる。
それが、ちょっとづつ、違うのです。すごいなあ。すごい観察眼だ。こういう方が、小説家になるんだなあ…と、しみじみと思ってしまったり。ひとりの小説家の成り立ち、としてもとても面白かったです。

いいたいことが、うまく言えない。
思ってることを、うまく言葉に変換できない。

てのは、思春期なら誰もが悩むことで。
この小説は、誰もが共感できる小説だと思います。

次は何読もうかな~~。久々に読書スイッチが入ってしまった^^;

映画日記・読書日記 | 00:00:01 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
いいお話そうですね(^▽^*)


凄い沢山の小説を読まれているみたいですね(*>ω<*)

次は何を読むんですか?
感想楽しみにしています(*´∀`*)
2010-11-09 火 23:28:18 | URL | 美幸 [編集]
Re: タイトルなし
とてもよいお話でした…。
早くネームしなきゃ><と思いつつ、ついつい脱線してしまします…^^;
2010-11-11 木 22:30:23 | URL | 藤川梨子 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。